エンジン始動不能!

バッテリー上がりみたいだ、で、バッテリー充電したんだけどエンジンかかんないよ!

っていうご依頼で現場へ。

ホイールローダ WA100

キースイッチをONにしても、メーターの警告灯が点灯しない。ラジオの時計表示もNG。 常時電源回路に不具合があるようです。

本来なら、キースイッチONにすると車体後ろから「カシン!」って、バッテリーリレーが作動する音が聞こえるんですが、それも無し。

まず手始めにヒューズ点検しましょうか。 

やっぱり、常時電圧がかかるはずの回路で電圧が測定できません。

常時電圧が測定できるはずですが0ボルト。

となると怪しいのはバッテリーリレーを介す前の常時電源回路。 バッテリーリレーの一次側からヒューズボックス間の配線不良でしょうか。

バッテリーリレー。ゴムキャップ被ってる方が一次側

私の記憶が確かならば、途中にコネクターがあったはず。配線をたどっていくと… ありました、腐食してます。もげました。

赤い線のはずですけど、緑青で緑に変色してます…

カプラーと端子を取り替えましょう。 リペアコネクターがあるので交換します。

リペアコネクターがない場合は直接接続します。脱着する可能性はほぼ無い場所なのでそれでもok。

補修完了。

それにしても、防水コネクターじゃないのはいかがなものでしょうか。 腐食して当然のような気がしますが。

試運転して異常なしを確認、完了です! 今年の冬は雪がないので建機修理が非常に少ないです。

当店の付近は雪が少ない地域ですが、山間部の電装屋さん、お困りの様子です…

今回のクルマ : コマツWA100-3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です